浮気調査は探偵に任せよう~探偵の隠された仕事内容~

探偵

重い仕事

悩み

浮気調査というと、何だかちょっと軽いイメージがあると思う。浮気をしたこともなければ悩んだこともない、また探偵となって浮気調査を仕事で手がけたこともない、そんな僕のような人間からしたら、そんなふうなイメージを抱いてしまいがちなのだ。だいたい、「浮気」というコトバがすでにうわついたものであるからかもしれない。うわついたものだからこそ、僕としてはその軽さに眉をひそめるしかない。ハードボイルドな男の世界には、決してあってはならないのが浮気なのだ。しかし、ケーハクな男か女か分からないが、浮気をしている奴はまだうわついた気分でいられるだろう。楽しいだろうし、逆にスリルだろう。だが、された方からすれば、もしかしたら人生の幸不幸を左右しかねない、大きな裏切りなのだ、浮気というのは。だから、少なくとも「された側」の人にとってはこれは軽い話じゃないし、浮気調査を引き受ける興信所の職員たちの仕事も、軽くはないのだ。そして、その仕事内容は時に、ハードなものになる。現代ニッポンには、霧深いヴィクトリア朝の犯罪王やカリフォルニアのギャングたちはいないけれど、それなりにハードでボイルドな仕事を、ニッポンの探偵たちも手がけているのである。その内容については、次回、明かそう。探偵事務所に依頼するときはプライバシーを守れる事務所に依頼することが大切だ。そのような事務所に依頼することで、安全に情報を集めることが可能といえます。